三十路手前の失踪者

失踪経験のある私がその時のことや自分好きなことをブログにしています。

三十路手前の失踪者【2日目ー②】

歩き続けた前日から一夜明け、足はやはり疲れが残った感じだったが今日も歩くことはできるだろう。時間まではシャワーとトイレの時以外はずっと横になってできるだけ体を休めた、その間も検索は続けていた。

主にこれから行くアテを探していたのだが、東京で安く泊まれるところを探していた時に新宿はネットカフェが多くて2000円近い値段で泊まれる店もあるらしいのだ。一晩泊まってみてこの店でも悪くないと思っているが安い店があるなら移るのもいいだろう、どのみち今すぐ帰れるわけではないので時間を潰せるところを探しに歩き回ることになるだろうし。
時間潰しというなら秋葉原にいってみたい。漠然とした理由で東京に来たがこれといって行きたいところといえば私にとっては秋葉原なのだ。
結局時間ギリギリまで考えたがどこに行くかは決まらなかった。しかし当面の目標は帰りの航空券を購入することだ。新宿にせよ秋葉原にせよまずはそれからだ。退室時間が来たので私は旅行代理店を探しに行くことにした。

外は雨だったがポツポツ降る程度だったので傘がなくても問題ないと思っていたが外で雨具を持たずに歩いているのは私くらいだった。何だか恥ずかしくなってきたが歩くのをやめるわけにはいかない。
しかし肝心の旅行代理店の場所がわからない方角はあっているハズだが近くに分かりやすい目印もないのでもう感だけが頼りだ。
だが歩き進んで来たが一向に見つからない。このまま歩き続けると戻れなくなりそうなので引き返すことにした。一度ガストにでも入って今後のことを考えることにする。とりあえずさっきのDVD試聴室がある方に引き返した時だった。とある看板を見つけた。遠くの看板をじっと見つめる、間違いない、旅行代理店だ!本当に偶然だったが見つけることができたのだ。私は急いで向かった。

その旅行代理店10時半開店の店でちょうど開店したところだった、私は一番乗りで店に入って沖縄行きの航空券を求めた。そのときの私は思わず慌てた口調になってしまった。恐らく私が想定していた金額よりも高い額だったせいでもあるだろう。行きの航空券は3万円くらいだったがここでは4万近い値段するそうだ、なんとか条件がよくて少しでも安く なるものを探してもらい3万6000円で明後日(2018年3月22日)の13時15分発の便を購入した。ネットカフェの時みたいに安く買える店がないか探し回りたいではあるがこればかりは買える時に買っておいた方がいいと判断して購入することにした。

航空券を購入したので残りの所持金は3万円弱といったところだ。大分少なくなったが帰りの便は確保できた。後は出発までの2日間をどう過ごすか考えなくては…

【2日目ー③】に続く…


【ギフト券取引所】